猪越校長のむくみダイアリー(2020年8月第2週)

むくみダイアリーとは?

むくみケアラボ 校長
サン・ティトルアカデミー 代表取締役 校長
美容スペシャリストの猪越が、むくみをテーマに本メディアを立ち上げたなかで、自身の生活を振り返るとともに、そのときの天候や生活行動によって、どのようにむくみを対策しているのかを記録したものです。

毎週更新のコンテンツとなっておりますので、是非ご参考になさってください。

8/3(月)晴れ 32℃/23℃ 湿度67%

かなり久しぶりに技術に向き合えた1日。久しぶりなことと、この日のための技術の流れのシミュレーションをここ数日やりすぎていたため、緊張しながら行っていた。

トリートメント前後で結果を残し、写真に収めることが目的だったため、心地よさよりも強烈に痛みを伴ったようで、モデルの二人には申し訳ない施術だった。

(痛いと感じる身体の使い方をしている方が問題なのになどと思いながら)

だが、私はやはり職人気質の塊なのか、帰宅後は一人で更に悩み続けてしまった。

心地よさを提供できなかったこと、時間配分が理想的でなかったこと、“もっとあの部分をこうすればよかった”“あの部分にアプローチすればもっと効果が出たのでは?”など、落ち込む一方。ですが、昔からこのように思い悩む性格、探究心に完全に火がついた。

現役セラピストやトレーナー時代は美容観点でのみ考えていたが、最近は合氣道や体軸レッスンなど色々始めたせいで、効果に対し様々な視点から考えてしまう。まだ、思考やひらめきにばらつきがあるが、なんとか形にして結果を見てみたいという欲求のほうが強く湧き出る。久しぶりに強烈な刺激を感じた1日でした。

 

8/4(火)晴れ 34℃/24℃ 湿度69%

定期的なコンディショニングの日。

昨日、4時間通しの施術でかなりの全身筋肉痛だったので、今日のリセットは丁寧に行って、身体の歪みを整えて来た。

昨日の長時間の施術の残骸で、いつもより肩の回旋が酷く自力のリセットに限界を感じていることを伝えた結果、新たなホームケアを教えてもらいました。

使いすぎた上腕二頭筋(腕の前側)を和らげ、あまり意識できていない上腕三頭筋(腕の裏側)ピンポイントに使う運動により、縮んでいた大胸筋や外側に広がっていた肩甲骨を理想的な位置へ戻す効果がある。最初のうちは上腕三頭筋が激痛、上腕二頭筋もこのまま裂けるのでは?と思うほどきつかったが、20回×2セット終了頃は心地よい感覚にまで進化。

こうして、体の違和感を日々細かく確認することで本当に必要なホームケアも見つけやすくなる。スキンケア、ボディケアも“何をするか?”を迷う前に、“今の状態”をいかに細かく観察することの重要性を改めて感じました。

8/5(水)晴れ 35℃/25℃ 湿度76%

朝から30度を超えるほどの猛暑日、梅雨が開けて湿度地獄はないが、流石に気温のせいでの浮腫みが気になる。私の場合外出時に水を持ち歩く習慣がなく、どこかお店に入る機会がない限り、水分を摂取することを忘れてしまう。

そんな日は決まってトイレの回数が激減する。今日の午後から美容室とエステ機器の講習の予定があったため、移動続き。その間水分摂取は皆無。

お昼頃家を出て、帰宅したのは20時頃、その間トイレ回数はゼロ。

まさに悪循環で、帰宅後マッサージと日課の運動をしてもなかなか浮腫みが取れず足がだるい。やはり、外出時にもまめに水分摂取をしないと体内がどろどろになることを体感した1日でした。

8/6(木)晴れ 34℃/25℃ 湿度74%

先週、初めての“体軸レッスン”というものを受けてから、毎朝のルーティンが増えていました。

ストレッチポールでリセット⇒柔軟体操⇒ラジオ体操⇒アクティヴコンディショニング⇒体軸レッスン⇒合氣道受け身練習

一体何をどれだけやっているんだ?自分でもたまに嫌気がさしますが、やらなかったときの罪悪感を感じるほうが嫌いなので、なんとなく続けています。ただ、このルーティンに変えてから、日に日に筋肉痛が増えていることに気づきました。月曜日の長時間施術のせいだと思っていたのですが、日にちが経っても一向に筋肉痛が改善しない。むしろ、日に日に増えているような気がする。昨日の浮腫みもこれが関係していたのでは?なぜなら、今日はきちんと水分をとっているのにやはり浮腫みが気になる。

というわけで、明日の朝から食生活を変えて観察してみようと思う。

朝はいつも“ユーグレナ”から始めていたが、“ユーグレナ+BCAA”という、アスリートのようなドリンク摂取に変えて見ようと思います。

8/7(金)晴れ 36℃/26℃ 湿度60%

“在宅ワークの腰痛対策”の記事を書くために、日頃行っている姿勢や環境の工夫と合間のストレッチ内容を改めて骨や筋肉の参考書と照らし合わせながら確認。自分の行動がどの筋肉に対してなんのために行っているのか、どんなふうに効果があるのかなどを分析することで、改めて必要性と重要性を再確認。また、日常行っているストレッチもどんな体感があるのか、どう表現すると伝わるのかを考えるために、普段よりも多めに何度も実践。

そんなことをしているうちに、あれ?いつもより体が柔らかい!いつもよりも足元がスッキリ!読んで下さる皆さんのために書いているのに、うっかり自分が一番効果を実感。

日常のルーティンを見直し、初心に帰って正しく行うことを定期的に行ったほうが良いと、勉強になりました。

8/8(土)晴れ 33℃/26℃ 湿度56%

今月末に昇級審査を受けるために、今月は毎週金曜日と土曜日の週末は合氣道のお稽古に励んでおります。昨日もかなり激しいお稽古だったので、筋肉痛と一緒に今日もお稽古。

しかし、始めたばかりの頃よりも筋肉痛や疲労度が軽減してきた。きちんとお稽古前後にBCAAを摂取、運動後はファイテンの“メタックスローション”でのボディケア。

飲むお酒もクエン酸を多く摂取するために酸っぱい系のお酒に変更。

小さな積み重ねでも真面目に継続すれば、身体に変化が現れるので楽しくなる。

せっかくこれだけ運動量があるのだから、何かもっとボディメンテナンスに活かせることはないだろうか?と思っていたところ、知人から面白そうなサプリメントを教えてもらった。HMBサプリメントで、HMBサプリメントはプロテインやBCAA同様、筋トレに励む方で愛用されている方が多い健康食品です。私が最近摂取はじめたのはHMBサプリメントにL−カルニチンやαリポ酸などが含まれた便利サプリメントです。

私の場合筋肉を大きくしたいわけではないので、筋肉疲労による筋繊維のダメージの修復や体脂肪コントロールのためにこのサプリメントを摂取しています。知人がこのサプリメントを飲むようになってから体脂肪が減ったと言っていたので。

現在49歳、ベストな状態で50代を迎えられるように今できる簡単なことは調整していこうと思います。

8/9(日)晴れ 35℃/23℃ 湿度64%

今日も昨日に続き、最近友人から教えてもらった新アイテムを使ってみた。

高濃度な炭酸パックです。

私は毎朝、浮腫み改善目的でムースタイプの炭酸パックを洗顔代わりに使用しています。肌表面に二酸化炭素が接することで、肌が酸欠になったと勘違いするため、血液に酸素を大量に送り込もうとするため結果、血液循環が活性化し、わたしの場合は浮腫みの解消を感じます。そんな話を以前友人にしたところ、わたしが使用しているものとは比較にならないほどの高濃度炭酸配合のマスクがあると教えられ、購入していたのです。彼女も通っている美容整体の先生に教わったとか。週1度のスペシャルケアとして使用するとのことで、使用するタイミングをいつにするか迷っており、今日まで未使用でした。昨日、合氣道のあまりの疲労からスキンケアを適当に済ませてしまっていたこと、寝る前に珍しくビールを追加で飲んでしまったことにより、顔の膨張が酷かったので、実験には理想的な状態でした。

体感としては“強烈に痛い”、20分時間を置くのだが、最後まで結構刺激的。ただ、赤みなどのトラブルは一切なく、想定外の仕上がりに。浮腫の改善だけでなく、引き締まり感がすごい!年齢によるシワ・たるみが消えるわけではないが、それでも自分のいつもの状態をきちんと観察しているので、いつもより明らかにリフト感とハリ感を感じた。

化粧品の進化に久しぶりに感動できた日でした。

気に入ったらシェアをお願いします!