猪越校長のむくみダイアリー(2020年7月第1週)

むくみダイアリーとは?

むくみケアラボ 校長
サン・ティトルアカデミー 代表取締役 校長
美容スペシャリストの猪越が、むくみをテーマに本メディアを立ち上げたなかで、自身の生活を振り返るとともに、そのときの天候や生活行動によって、どのようにむくみを対策しているのかを記録したものです。

毎週更新のコンテンツとなっておりますので、是非ご参考になさってください。

6/29(月)晴れ 30℃/20℃ 湿度65%

実験中の作品を作るための材料を買うために東急ハンズのDIYコーナーを3時間も彷徨ってしまった。分からないことだらけで冷や汗まみれでお買い物…

ウロウロ歩くのは運動のウォーキングと違って、用が終わると急にだるくなってしまう。

直ぐ入れそうなリフレクソロジーが合ったので30分受けてきた。施術中は気持ちがいいのだが、全身リンパドレナージュに慣れている体質のせいか、パーツだけの施術後はなんとなく余計に脚がだるくなってしまう。でも、1箇所を念入りに解されているのはチャンス!

こんな日はセルフマッサージを追加で行えば、明日はスッキリするはず。

ということで、今日は少し念入りに全身マッサージ。とはいえ、私の場合オイルを使って疲れるほどするのではなく、ボディを洗う時についでに行う程度。いつも手で洗う習慣があるので、洗う動きを少し工夫するだけ。方向はもちろん足先/指先の末端から心臓に向かって手を動かす。その際にポイントを少し刺激しながら手を動かすのみ。

ポイントは、【くるぶし・膝裏・足の付根(鼠径部分)お腹・脇の下・鎖骨上部】

このポイントにいつもより少し刺激を加えておくだけ。

後はボディケアを塗る際に長い距離を意識して全身に製品をつけるのみ。

微小循環は全身を網羅している管の集まりなので、やはり全身を丁寧に触れることがボディケアでは大切なことだなと思い出す日となりました。

6/23(火)晴れ 28℃/18℃ 湿度72%

今日は歩くフォームを真剣に練習してみた。先週、正しい立ち姿を日記に記したが、同じ理論で歩くフォームも大切です。足裏全体で地面を感じ、足の指全部を使って歩く。

合氣道の先生に教わりましたが、「昔の人は草履や下駄で生活していたため、必然的に足の指を意識しないと履物が脱げてしまいますが、現代人は靴を履く生活のため指まで意識しなくても歩けるので、指の感覚が鈍ってしまう」のだそうです。

また、足全体の筋肉の使い方もうまく使えていないのが現実。私もそうですが、多くの方が足を前に踏み出すばかりで、きちんと後ろに蹴っていないのではないでしょうか?後ろにしっかりと蹴って体の重心を前に移動させながら脚を前に踏み出す。しかし、前に踏み出すだけの歩き方では足裏全体と足の指全部使えていないどころか、足の背面の筋肉を殆ど使っていないことになるので、膝が微妙に曲がり、ヒップまで垂れる原因にもなってしまう。

今日、色々練習してみて大変簡単な方法で正しく歩けることを発見!

“大きな歩幅で歩く”ことです。いつもより歩幅を大きく歩こうとすると、どうしてもつま先で地面を蹴り出す必要があり、自然と足裏全体を使うことになる。しかも、太ももの裏側やふくらはぎもしっかりと使えているんです!

正しく筋肉を使うことができれば浮腫み解消にも効果的。

明日から広い歩幅で生活しようと決めました!

6/30(火)雨 28℃/22℃ 湿度74%

今日、面白い記事を見つけた。

【男性も肝斑!?】

そもそも“肝斑”とは、30代〜40代以降の女性に多く見られ、頬骨あたりに左右対称に現れるボヤッとしたシミで、ホルモンバランスの乱れによるものと考えられています。

ではなぜ男性に?と思い記事を読んでみると、【マスクの長期着用による接触刺激】が考えられるとのこと。そう、シミは紫外線だけでなく“刺激”によっても発生する可能性があります。マスク刺激による色素沈着の危険性は自分自身の肌にも異変を感じていたため、以前も日記で書いています。女性だけでなく、男性も危険性があるということは男性もスキンケアの重要性を意識したほうが良いのでは?最近の男性は美意識が高い方が多いので、頬に突然現れたうっすらとしたシミを気にしている方も多いかもしれませんね。

こんな時のスキンケアのポイントは、

*刺激を鎮めるためにも抗炎症効果のあるものをセレクト

(ニキビの後の色素沈着予防にも効果が期待できます)

*肌の新陳代謝を促し、肌の生まれ変わりを正常化してあげるためのスキンケアメソッド

(内側から外側に向かって手のひらで優しくプレス)

このメソッドは浮腫みにも効果が得られるので、二日酔いで浮腫んでしまった朝のスキンケアにもおすすめです!

7/1(水)雨/曇り 27℃/24℃ 湿度87%

今日から7月、なのにこの悪天候…

気温は高くないが、湿度が高いため外はまるでお風呂にいるよう。数分で汗が吹き出す。

昨日の大雨、今日は強風と雨…気圧変動で体調不調の方が多数いらっしゃることでしょう。頭痛・めまい・浮腫み・倦怠感・神経痛の悪化など、本当に気圧不調は厄介だと思います。私も今朝は頭痛と神経通の痛みが酷かった。

耳のマッサージをすることで、気圧を感じやすい内耳の血流が促進され自律神経のバランスが整うことや、浮腫み予防のストレッチなど、やれば良いことは知っているのに今日はやる気が出ない。

雨がやんだ瞬間、月初めの恒例行事(私の中での)近所の神社参りに行ってきた。

ちょうど「夏越の祓」の茅の輪くぐりが設置されていたので、しっかりお祓いもしてきて気分スッキリ。

お参りに行く途中の公園では、近所の保育園児たちが強風の中“凧あげ”をしていた。

全部グシャグシャに絡まり舞っていましたが、子どもたちは大盛りあがり!

そういえば、子供にも気圧不調というものはあるのだろうか?あまり想像できない。

ということは、気圧不調と共存する方法として、好きなように気ままに過ごすことも有効なのではないか!

好きなことをして、好きなものを食べ、ストレスフリーに自分を甘やかす。そして、気候も体調も良い日にダイエットや美容に励む。思えば、私の私生活もそんなものだ。

梅雨を乗り切るためには意識の切り替えも大切だということを感じた1日でした。

7/2(木)晴れ 31℃/21℃ 湿度58%

昨日とは別世界のような晴天。

無駄にやる気が合ったせいで、朝から明日の合氣道に備えての自主練をやりすぎてしまった。部屋でエアコンもつけず窓全開で汗だく。でも、目一杯体を動かすのはやはり気持ちが良く、体も軽い。ただし筋肉痛にならないように、終わってからは筋肉の本と自分の体を照らし合わせながら、ストレッチやマッサージ。筋肉イラストを見ながら行うことで、より効果をイメージしやすくなるため、効き目も感じやすい。この繰り返しが施術にも大変役に立ちます。相手の不調の原因が色んな方向から分析できるようになるからです。

そして今日はスーパーで野菜が安かったので“山形だし”という郷土料理を作ることに決定。

夏野菜と香味野菜を大量に使ったもので、この時期の体調維持にはとても便利です。みょうがや大葉などの香味野菜はデトックス効果が高く、夏野菜にはカリウムを多く含む物が多く、浮腫み解消には最適なのでこの時期の重だるい体調にはぴったり。

体調管理には季節を味方につけることも大切です。これから来る猛暑対策も考えて置かなければ。

 

7/3(金)曇り/雨 29℃/21℃ 湿度60%

仕事の帰りに調味料を買うためにカルディに寄った。スパイスが豊富なので、かなりの頻度で利用している。私の好きなデスソースの種類が豊富なので、恐ろしいようなヴィジュアルのソースを今日も2本購入。

店内を見回してみると、“おうちカフェ”や“zoom飲みつまみ”など、色々なコーナーが有って、面白い。美容効果や健康志向の高い品揃えで、ドライフルーツ詰め合わせやロカボナッツ詰め合わせ、野菜クラッカーなど魅力的な商品が多く、購入を迷ったが「そもそも食べないほうが良いのでは?」と踏みとどまった。結局美容や健康に気を使った間食を探すより、間食をしなければ良いのだ。

おつまみは自分で作ったピクルスや激辛料理で十分。

太らないおやつを探すより、食事以外は摂取しないことのほうが大切なのでは?

結局、調味料と黒豆茶のみ購入。

どくだみ茶の次に私の体調に合うのが黒豆茶。とにかく利尿効果が高く、内臓がスッキリする感じで好きなお茶です。家にいる時間、しばらくはこの2種類を飲み続けることにしようと思う。

7/4(土)曇り 28℃/20℃ 湿度83%

最近は合氣道のお稽古翌日の筋肉痛がだいぶ感じなくなってきた。少し体力と筋力がついたのかなとか思いながら、昨日のお稽古でうまく出来なかったところを今日は家で自主練習。気づけば3時間経過…やり過ぎた。“今日はこのぐらいにしよう”と一旦辞めても、“もう少しやればコツが掴めるかも?”など繰り返しながら時間がすぎる。気づけば部屋で汗だく、シャワーでさっぱりした後、少し休憩。しばらくぼんやりした後に動こうとしたところ動けない…体中痛い。痛めていた肋骨が更に痛い。後悔しても遅い、結局やりすぎて歩行速度も遅くなる始末。こんなことなら土曜クラスに出席すればよかった。ペース配分というものがどうもうまく出来ない自分の性格が本当に情けなくなる。放置すれば確実に浮腫む。

ということで、今日のお酒は最近の家飲みでハマっているレモンサワーに大量のクエン酸も入れて作ろうと思う。

知人の店でいつも頼む、激酸っぱいクエン酸ウォッカソーダは筋肉痛予防に大変効果がある(私には)。それを真似て、今日は自分でつくろう!

7/5(日)雨/曇り 29℃/23℃ 湿度75%

筋肉痛も回復は程遠く、小雨と湿気で体調は最悪。体は重だるく、もっさりと浮腫みも気になる。こんな日は気分のリセットに全身ボディスクラブ。季節的にも毎日体にもたっぷりの日焼け止めを塗るため、夏はボディスクラブをする頻度を上げるのが理想的。

スクラブをするときの軽い力で粒子を転がす動きが全身のドレナージュマッサージ効果も得られるため、浮腫み改善にもピッタリのお手入れ。末端から心臓に向かって丁寧にスクラブをかけ、お風呂タイムが終わる頃には体が軽く、気分も少しスッキリする。

気力がわかない今日のような日は、ボディケアを念入りに行うことが気持ちのリセットにはぴったりだと思う(私には)。

因みに、ボディスクラブは小麦色に焼きたい派にも絶対オススメのケアです。なぜなら、角質肥厚の肌のまま日焼けしてしまうと色むらになるので要注意!

これ、知らない人結構多いんですよね…

気に入ったらシェアをお願いします!